育毛のあれこれについて

薄毛の悩みを抱える人が多い現代社会において、数多の育毛に関する情報や育毛産業が溢れています。残された髪を少しでも健康に保ち、より太くより長くさせようというコンセプトが、育毛の最たる目的です。

育毛は発毛とは違い、医薬品などを使用して髪の毛を生やすことを目的とした発毛よりも、ニュアンスが弱いものになりますが、個人で出来るレベルのものが多いですので、薄毛になってしまった方がまず最初に通る関門でもあるのです。

ひと口に育毛とは言っても、様々な方法があります。そのほとんどは、体質の改善を促すような生活習慣や食事に関するもの。



また、頭皮の突っ張りや血行不良が原因であるとして、それらを予防改善する方法。

更には、皮脂や感染症を主因とした対処法などが挙げられます。



具体的には、食事や生活習慣に関するものは、刺激物の食べ過ぎに注意をすることや、栄養バランスに気を付けたりワカメなどの海藻を食べ、十分な睡眠を取ってタバコや酒は控えることが挙げられます。
毛髪の主成分はタンパク質ですので、その素となる栄養をしっかりと、毛髪に届けようということです。

頭皮や血行の問題に関しては、手指や道具を使用したマッサージを定期的に行うことで、頭皮への血流が改善されて毛根へ届く血流が増加しますので、血管を通じて酸素や栄養分などが滞りなく届くようになり、髪の毛が健康になることを期待して行われるものです。



皮脂や感染症に関する問題では、頭皮が不潔であることで、毛根部分に角栓と呼ばれる塊が出来て、毛穴を詰まらせてしまい、髪の毛が生えにくくなっていると考え、シャンプーなどでそれを取り除くことを目的としています。

感染症に関しては、頭皮に真菌と呼ばれるカビの仲間が繁殖することで、脂漏性皮膚炎と呼ばれる病気になり、その結果頭皮に悪影響を及ぼして脱毛してしまうものを、改善しようというものです。
これらのように多くの育毛法がありますので、自分の状態に良さそうな方法を色々と試してみることは、普段の体のケアを見直す結果にもなり、毛髪だけでなくバランスの良い健康体を手に入れる為にも有意義であると言えます。




mouseover